わたしたちの仲間を紹介します。

「お客様の満足」の実現に向けて―。 あらゆるモノや情報ビジネスの事業領域という垣根を越え、 たえず新しく生まれ変わっています。 そのような変化の社会の中で、私たちが基本とするもの。 それは創業当時から一貫している「お客様の満足」という考え方です。 それは品質であり、サービスであり、そして価値ある提案であるのです。 私たちはより高いレベルでの「お客様の満足」の実現のために、 積極果敢なビジネスへの挑戦をし続けています。 時代の求める声に、お客様の求める声に、 いろんな声に高品質と提案力で応えながら、 私たちエクシートはこれからも一歩進んだモノづくりを展開していきます。

「気になる」をほっとけない。

EIJI KAKEHI

創客事業部 マネージャー筧 英治

創客事業部とはどんな部署ですか?

「創客」とは「お客様のお客様を創り出す」こと。印刷物・Web・マス媒体など様々なメディアを活用して客様の業績拡大のお手伝いをすることを役割として新設されたチームです。例えばWeb戦略の場合、ホームページを持っていればいいという時代から、活用する時代となり、日々新しいサービスや技術が生まれています。ホームページをただ制作するだけでなく、コンサルティングや解析なども含めたお客様のWeb戦略のトータルサポートを行うべく、日々邁進しています。

現在、どんな業務を担当していますか?

私の業務内容は、大きく分けると2つ。1つは企画提案。営業活動、企画立案、企画書の作成、プレゼンなど、お客様にあった企画提案を行う業務です。もう1つは、受注した仕事に対するディレクションです。例えばホームページ制作であれば、お客様との打ち合わせ、スケジュール管理、予算管理、デザイナーやコーダー、現場との打ち合わせなどを行います。幅広い業務を行っているので、まさに日々勉強です。

「どうしたらいいのか分からない」。そんな声に応えたい。

やりがいを感じるのはどんなときですか?

Webを活用した事業展開という考え方は、まだまだ地方では浸透しきっていないのが現状だと思います。そのためWeb戦略に対する意識が薄く、「どうしたらいいのか分からない」というお客様もいらっしゃいます。そんな方のためにWeb活用の企画を考えるとき。非常に難しいことではありますが、まさに「やりがい」を感じるときです。

印象に残っているできごとはありますか?

これは失敗談なのですが、とあるお客様にホームページを企画させて頂きました。私としては、お客様の業界の時流や、競合状況、今後の展開も考慮した上で、企画をプレゼンさせて頂きました。ただ、いい意味でも悪い意味でも将来のことを考えすぎた企画だったために、現在のお客様が本当に望んでいることがおざなりになってしまっていました。企画の趣旨と意義はご理解頂けたものの、当然ながら結果は×でした。Webは今でも進化をし続けていますし、現在のトレンドも存在します。例えば、私がそのトレンドがいいと思っていても、お客様が望んでいるかと言えば、それは分かりません。現在の時流とお客様のご要望とのバランスを取る。それも私の仕事の1つだと感じた出来事でした。

周りの人がいるから自分が安心して仕事ができる

あなたの“ほっとけない”は何ですか?

ホームページ一つに取っても、色んなことを考えなければなりません。当然分からないことも出てきます。気になってしょうがない。そんなときには即「検索」。お客様にお会いする直前まで、スマホで調べているときもあります。人に聞くことも大事だと思いますが、学生の時に辞書で調べるように、自分で調べたことは忘れないものです。

未来の仲間たちにひとことエールを!

とにかく感謝を忘れないこと。今のあなたがあるのは、周りの皆さんのおかげ。そのような気持ちは社会に出ると、非常に大切です。社会、そして会社は色んな人の集合体。周りの人がいるから自分が安心して仕事ができる。そういった気持ちでいれば、困ったときに必ず周りの人が助けてくれますよ。

採用情報・エントリーはこちら

エントリーする
Copyright 2017 株式会社エクシート 採用案内